d6aef43571b4297ff1d383a8cba44a27_s

40歳を迎えたとたん、シミが増えました

はじめまして。43歳、普通の主婦です。
40歳を超えたころから、とつじょ「シミ」が次々と現れはじめ、「これはまずい!」と美白に目覚めました。
日焼け止め1シミがあると、急激に老けこんだ印象を与えてしまう気がしませんか?

そして何よりこわかったのは、シミが濃くなっていくことと、数が増えていくこと!

たぶん今シミが気になる人なら、同じような不安を感じたことがあると思うんです。

何もしなければ、ますます増え続けてしまうのでは?と鏡を見るたび憂鬱になる気持ち、よくわかります。

なのでわたしは、美白になるよ!と聞いたものは、手当たり次第どんどん試し、美容についての書籍も読みあさりました。

かなり怪しげな方法(言いたいけど内緒です。笑)や化粧品・サプリにも挑戦したのですが、まったく効果がなかったり、逆に肌荒れを起こしてしまうことも少なくありませんでしたね。^^;

でもようやく「これなら!」というアイテムに出会うことができました。

「シミ顔」の救世主登場!

ampleur美白マニアのわたしがたどり着いたのはアンプルールという美白化粧品でした。

シミを薄くする注目の成分ハイドロキノンが決め手。半年ほど経ちますが、気になっていたシミがだいぶ薄くなりましたよ!

皮膚科の有名な女医さんが開発したので、肌に優しく安心なのもわたし向きでした。

今ではシミは40歳の頃より薄くなり、全体的に顔が明るい印象になったと思います。

なぜか主婦仲間のあいだで、「美白先生」と呼ばれるほどに。笑

このサイトは、そんなわたしが透明感のある白い肌のために実際にやっていることおすすめの美白化粧品などを中心に、情報をまとめています。

素人だからこその、等身大のコメントを届けられればいいなと思っています。

シミを消す方法

シミを消すのに最も効率がいいのは、はっきり言って「レーザー治療」です。
ですがこの方法はわたしにとって、あまりにもリスクと費用が高すぎると判断。

友人でも美容皮膚科に通っている人がいますが、一回が2万円(照射範囲やレーザーの種類にもよります)で、毎月通うそう。

他にも内服薬代がかかりますし、治療箇所に紫外線が当たらないように、テープなどでマスキングしなければいけません。

なみだ

しかも、痛い!


いくら美のためといっても、痛いのはカンベンです。

また高額な割には、思うような結果が得られないことも多いらしいのです。
(いったん消えたように見えても、すぐ出てきちゃうとか)

aseri

どうする???

最終的に出した答えが、生活習慣とスキンケア(美白化粧品)の見直しでした。

  • 食事や日常生活に気を配って肌改善!
  • 確かな効果がある美白化粧品でシミを撃退!

美白に目覚めて以来、このふたつのテーマを追求し続けています。

食事や日常生活に気を配って肌改善!

毎日のちょっとした行動や、口にするものに少し気を配るだけで、紫外線を防ぎ美白に近づくことができるんです。
シミ予防に効果的なアイテムの選び方など、ぜひ参考にしてください。

確かな効果がある美白化粧品でシミを撃退!

次は、化粧品の選び方についてです。

「ホワイト」と名がつくだけで美白に効く化粧品だ、と思い込んでいませんか?

実は、世の中には多くの「美白っぽい化粧品」がたくさん存在しています。
パッケージや名前でなんとなく選んでいる人は要注意ですよ!

確かな美白を得たいのなら、まずは厚生労働省が認めた「美白成分」に注目してみてください。

どんな成分が配合されているか、その量はどれだけかを確認して欲しいと思います。

成分はカタカタばかりでとっつきにくかもしれませんが、ここを理解しておくと、今後の化粧品選びがとてもスムーズになりますよ。

厚生労働省が認めた美白成分

トラネキサム酸 ビタミンC誘導体 アルブチン
ルシノール リノール酸 コウジ酸
エラグ酸 プラセンタエキス 4MSK
ゆびさし

基本的なスキンケア成分と美白成分だけでも、おぼえておいて損はありませんよ~

シミ消し化粧品・美白化粧品の選び方

美白化粧品には大きく分けて、「できてしまったシミを消す効果が高いもの」と「シミ予防に優れていて美白を高めるもの」の二通りあります。

わたしが注目しているのはズバリ「できてしまったシミを消す」化粧品!

たぶんこのサイトをご覧くださっているあなたも、多かれ少なかれ、「シミ」が気になっているんじゃないでしょうか?

色素沈着してしまったシミを消すには、色素還元作用のある成分が配合された化粧品を選ぶことが大事です。
代表的なのが「ハイドロキノン」という成分。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれているほど美白効果の高い成分です。

ただそれだけに、濃度や使う人の肌質によって、肌荒れや刺激を感じるといった副作用がでることもありますので、まず自分の肌との相性をしっかり確かめることが必要になってきます。

ここで紹介しているハイドロキノン配合の化粧品はトライアルキットが用意されているので安心してください。

ハイドロキノン配合のおすすめ化粧品


「アンプルール」と「ビーグレン」、どちらを選んでいいのか迷っている人のために、両者の内容を比較してみました。

実はわたし自身ずいぶん悩んだので、選択の参考になればうれしいです!

[2016年]徹底比較!アンプルールとビーグレン 効果や価格でガチ勝負!勝つのはどっち?!

また、まだ色素沈着を起こしていない薄いシミであれば、ハイドロキノン以外の美白成分でもいいかもしれません。

代表的な美白成分は、ビタミンCやアルブチンなど。

これらの成分は比較的肌に優しいので、敏感肌や肌荒れしやすい人にも安心して使うことができます。

interval01

ただ何を選ぶにしても、美白効果に優れているだけではまだもの足りないと思いますよね?

美白に加えてアンチエイジング効果美肌効果の高いものであってほしいというのが、アラフォー女性の本音ではないでしょうか。

これらを総合的に叶えてくれるコスメこそが最強です。

そこで、優秀な美白化粧品を選ぶ際のポイントとは、

  • 自分のシミを改善する成分であるか
  • 保湿効果や肌改善効果に優れているか
  • 肌に負担がかかり過ぎないものであるか
  • しっかりした実態のある会社が製造しているか
  • トライアルキット(試供品)があるか

こんなところでしょうか。

それらをクリアしているな、と判断したのが、次でご紹介する化粧品です。

これなら間違いない!シミ取り・美白化粧品ランキング

  1. アンプルール ラグジュアリーホワイト

    bgt

    シミ取り 5.0
    予防 5.0
    低刺激 4.5
    価格:
    1,890円(税込)
    アイテム数:
    4

    シミの消しゴムと呼ばれるハイドロキノンを、ラインにまんべんなく配合しているため、シミだけでなく顔全体をワントーン明るくしてくれます。特に夜だけ塗る美容液には、濃縮したハイドロキノンが配合されており、シミ消しに確実な効果絶大◎

    女性の皮膚科医が開発しているので安心感があります。
    他のハイドロキノン配合化粧品より、肌に優しいのも多くの人に愛される理由です。
    美白・シミ消し・アンチエイジングと、大人の悩み肌を解決してくれます。

    管理人のレビュー

    美白コスメは乾燥しがちな中、アンプルールは潤いのあるしっとりした肌を保てます。
    各メーカーの美白化粧品をいろいろ試す中で、常にアンプルールの美容液(ハイドロキノン配合)だけは必ず取り入れています。
    使用開始からすでに半年ほど経っていますが、確実にシミが薄くなってきました。

    118.106.143.222

    使ってみました!

  2. ビーグレン ホワイトプログラム

    R503

    シミ取り 5.0
    予防 5.0
    低刺激 3.5
    価格:
    1,944円(税込)
    アイテム数:
    5

    シミ取りに速攻性ありと評判なビーグレン。
    アンプルール同様、ハイドロキノン配合でシミが消えた・薄くなったという口コミが多い化粧品です。

    アメリカ発のサイエンスコスメですが、日本人の肌に合うよう開発されています。
    乾燥肌・敏感肌の人はやや乾燥しがちになる傾向にあるようですが、相性がよければ抜群の美白効果を発揮します。
    アフターフォローや保証などのサービス面はトップクラスなので、お試しも気軽にできるのがいいですね。

    管理人のレビュー

    使用した際、アンプルールよりちょっとだけ乾燥するかな?という感想を持ちました。
    ですがくすみには効果ばつぐん。トライアルだけでワントーン明るく感じました。

    使ってみました!

  3. ディセンシア サエル

    sa_00010

    シミ取り 3.5
    予防 4.5
    低刺激 5
    価格:
    1,480円(税込)
    アイテム数:3

    敏感肌の人でも安心して使える美白コスメ。
    美白コスメは乾燥しがちなのですが、サエルは保湿力が高く、乾燥しがちな季節でもみずみずしい肌を保てます。
    またバリア機能を高めてくれることで、敏感肌が改善され、美白効果が高まります。
    美白コスメに不安を感じる人は、こちらから試してみては?
    雑誌やメディアにも多数取り上げられ、有名人にもファンが多い化粧品です。

    管理人のレビュー

    ニキビ跡ができてしまった時、一時的に取り入れてみたらキレイに消すことができました♪→その時の記事
    敏感肌の友人にも好評で、これに変えてから肌トラブルがピタッと治まったそうです。
    誰にでも安心しておすすめできる美白化粧品です。

    サエル

    使ってみました!

  4. アスタリフト ホワイト

    sa_00010

    シミ取り 3.5
    予防 4.5
    低刺激 5
    価格:
    1,480円(税込)
    アイテム数:3

    フジフィルムが独自に研究・開発した、美容に優れた技術をふんだんに盛り込んだ美白ラインです。
    ナノ技術に長けたメーカーですので、浸透力に自信あり。
    美白効果だけでなく、エイジング効果が高いのが素晴らしい点。とにかく使用感がよく、肌がモチっ!ツヤっ!になります。

    管理人のレビュー

    実は「ジェリーアクアリスタ」の大ファンです。最近セールをやっていたので、ついラインで揃えてしまい、一時的に浮気中。
    テクスチャ・香りなど、使用感が大好きです。肌状態も良好◎
    ハイドロキノンは配合されていないので、シミ消しにアンプルールの美容液を足しています。

    アスタリフト

    使ってみました!

美白化粧品、結局どれがいいの?

ご紹介した4品は、どれも優秀な美白化粧品です。
でもそれだけに、結局どれを選んでいいのかわからなくなってしまった人は、以下を参考にしてみてください。

  • シミが気になる・美白したい(普通肌)→アンプルールorビーグレン
  • シミが気になる・美白したい(乾燥肌)→アンプルール
  • シミが気になる・美白したい(敏感肌)→アンプルール(刺激を感じたらストップ)
  • 美白したい(普通肌)→すべてOK
  • 美白したい(乾燥肌)→アンプルールorアスタリフトorサエル
  • 美白したい(敏感肌)→サエル
  • アンチエイジング効果メイン→アスタリフト



以上は、個人的な感想を元にした一例です。

脂性肌の人の場合、どれを選んでも大丈夫そうなので(実例確認済)目的にあわせてチョイスしてみてください。

敏感肌でも、ビーグレンで大丈夫な人もいるので、あくまで参考程度に見て下さいね。
特に肌の弱い方は、必ずトライアルセットでパッチテストをしましょう。

* 美白とはメラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐこと

化粧品は値段が高いほどいい?

188982

化粧品のお値段については、さまざまな意見がありますよね。。

正直なところ、若いころはプチプラでもいいと思うんです。
わたしもかつてはお手頃価格のコスメをドラッグストアなんかで買っていました。

でもやっぱり30代、40代になってくるともうそれでは理想のケアは難しいというのがプロの意見です(皮膚科の先生に聞いてしまいました)。

老化にしたがって肌代謝はどうしても低下してしまいますし、自分で作り出せるはずの成分や細胞の量が激減します。

それを補うのがスキンケア化粧品なのですが、安い値段のものだとやっぱりそれなりの内容でしかありません。

たとえば年齢肌には必須の成分「セラミド」ですが、アンプルールのローションにはセラミド1.3.6Ⅱというヒト型セラミドが3種類入っています。

これはセラミドの中でも特に効果が高く、原料も高価。
ですからプチプラコスメに配合しているものを見たことがありません。

そしてハイドロキノンも特別な成分ですから、プチプラ価格では手に入らないはずです。

こうした成分による価格の違いは、美容の研究をすることで分かったことですが、それまでは「どうせ、広告代で高いだけよね」なんて思い込んいたんです。^^;

でもそんなに単純なことではなかったんですね。

化粧品の値段設定には、それなりの理由がありました。

高いと言っても1アイテム何万円もするものを揃える必要はないと思いますが、内容と比較しつつ、それなりの価格帯のものを選ぶことは必要だな、と今では思っています。

egao

美肌のためにランチの回数を調整してます。笑

コスパを優先したいときは?

効果を考えればラインで揃えるのがベストだと思いますが、クリームや化粧水だけプチプチにするなど予算に合わせて組み合わせるのもありだと思います。

ただ美容液など美白のメインのアイテムは入れておかないともったいないですね。

年代別の美白・美肌対策

ご存知のように、歳を重ねるごとにお肌は変化していきます。
美白や美肌のために、気をつけたいポイントを年代別でご紹介します。

下で紹介する「肌タイプ別」と合わせてご参考ください。

肌タイプ別の美白・美肌対策

普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌など、お肌の傾向は生まれつき違っています。

健康状態や季節によっても肌の状態は違ってきますが、つねに自分の肌の傾向を把握しながら、化粧品を選ぶことが大切です。

乾燥肌の人が脂性肌用のさっぱりした化粧品を使っていては、油分や保湿力がまかないきれず、さらに乾燥が進んでしまうこともあります。

その結果、バリア機能がうまく機能せずに、炎症を起こしてしまったり、シミが定着したりしてしまうのです。

良い化粧品ほど、有効成分が必要なところへきちんと届くように改良していますので、自分にマッチした商品を選ぶことで、劇的に肌状態を向上させることもあるんです。

今一度、ご自分の肌をしっかり確認して、ベストな化粧品を選んでくださいね。

美白に効果的なサプリメント

欲張りなわたしは、化粧品以外にも「内側からの美白」を期待してサプリを服用しています。

ただ美白サプリの効果というのは、どうしてもはっきりと体感できず、疑心暗鬼になったり、飲み忘れてしまいがち。

過度な期待をせず、お守り代わりぐらいに考えておくのがいいかも。

毎日飲み続けることで効果が発揮されるものなので、長く続けるためにコスパも大事だと思います。

それから、体内に入れるものですから、やはり一番重要視したいのが「安全性」です。

厚生労働省が「医薬品」として認めた商品群から選ぶことをおすすめします。
有名どころでは、「ハイチオールC」がありますね。

わたしの場合は、美白以外にも血流をうながしたり(冷え・肩こりの解消)、シワにも効くというちょっとお得なサプリを服用しています。
美白の効果ははっきりとわかりませんが、慢性的だった肩こりがかなり解消された気がします♪

わたしが飲んでいるのがコチラ。

ロスミンローヤル

シミ・シワに効く!ロスミンローヤル

通常価格7,600円⇒初回限定価格1,900円(税抜)で5,700円もお得!!

  • 【国内唯一】小ジワ・シミに“飲んで効く”医薬品!
  • 【女性用保健薬】カラダの内側から効く第3類医薬品!
  • 9種類の生薬成分を含む22種類の有効成分配合!

最安値で買えるのはこちら icon-arrow-down
国内唯一!小ジワ・シミに効く医薬品ロスミンローヤル

実はロスミンローヤルは医薬品なんです。
厚生労働省が「シミだけでなくシワにも効く」と唯一認めたお薬なので、安心して続けられますし、上で「サプリお守り代わり」といいましたが、実は密かに効果を期待しています。笑

ハイチオールCに比べてちょっとお値段が張るのがイタイですが、定期購入でお得になりますよ。

イチオシ美白化粧品ピックアップ

わたしが今使っているのが、アンプルールの美白ラインです。

シミが薄くなってきているので、まだまだ続行します。
なにより、香り、テクスチャーの質感など、使い心地が絶妙にいいんです。

基礎化粧品は毎日2回使うので、気に入った使用感のものを選ぶのがいいですね。お手入れするのが待ち遠しくなります。

egao

アンプルール ラグジュアリーホワイト
「新安定型ハイドロキノン」が未来ジミを防ぎ、今あるシミも改善してくれます。
肌に優しいので、敏感肌の人にもおすすめできますよ。

F_13
まずはお得なお試しセットから。
たっぷり試せる6,500円相当が
1,890円



アンプルール トライアルセットはこちら

キャッシュ1

アンプルールの紹介記事はこちらをクリック!