30代
AdinaVoicu / Pixabay

30代といえば、子育てや仕事に毎日忙しく、充実した日々を送っている人も多いことでしょう。
ですがそのせいで、スキンケアに手をかけられなかったり、寝不足・偏食ぎみの生活になっていませんか?
まだシミやシワが気にならなくても、そんな状態が続いてしまうと、肌診断の結果、肌年齢40歳以上!なんてこともよく聞く話です。

せめて朝晩のお手入れだけでも、しっかり取り組んでいきたいものですね。
肌荒れを起こしやすい年代ともいわれていますが、30代にはどんな化粧品が向いているのでしょうか。

30代が使うべき化粧品は、美白成分配合のものがベスト

まだシミがない人も、日中忙しく立ちまわることで、つねに紫外線にさらされています。
特に子育て中は要注意。
公園に行ったり、幼稚園の送り迎えなど、日の高い時間に行動することが多いので、日焼け止めなどの紫外線対策はもとより、朝晩のスキンケアにシミを防ぐ効果のある化粧品を使いましょう。
まだ角質層にあるメラニンを分解し排出することで、数年後にシミとなって浮上するのを防ぐことができます。

40代、50代にシミに悩むかどうかはこの時期にかかっていると言ってもおおげさではありません。
30代の人には、より美白に対する意識を高く持つべきだと思います。

30代におすすめの美白化粧品

30代におすすめの美白化粧品はサエルです。

ストレスや外的刺激で弱った肌にも安心して使うことができる、低刺激の美白スキンケア商品です。
まず肌の保湿力をあげ、バリア機能を正常に整えることで、美白効果を最大限に引き上げます。
ビタミンC誘導体やアルブチンといった厚生労働省認可の美白成分が、透明感のある肌へ導いてくれます。

また妊娠中の敏感な肌にも使うことができるので、ホルモンバランスの乱れが原因のシミやそばかすが気になる人にもおすすめです。

ディセンシア サエル

sa_00010

シミ取り 3.5
予防 4.5
低刺激 5
価格:
1,480円(税込)
アイテム数:3

敏感肌の人でも安心して使える美白コスメ。
美白コスメは乾燥しがちなのですが、サエルは保湿力が高く、乾燥しがちな季節でもみずみずしい肌を保てます。
またバリア機能を高めてくれることで、敏感肌が改善され、美白効果が高まります。
美白コスメに不安を感じる人は、こちらから試してみては?
雑誌やメディアにも多数取り上げられ、有名人にもファンが多い化粧品です。

管理人のレビュー

ニキビ跡ができてしまった時、一時的に取り入れてみたらキレイに消すことができました♪→その時の記事
敏感肌の友人にも好評で、これに変えてから肌トラブルがピタッと治まったそうです。
誰にでも安心しておすすめできる美白化粧品です。

サエル

商品詳細を見る

30代のお肌は本来、20代ほどではないにしろ、ターンオーバーが正常に働いており、肌疲労の回復も遅くはありません。
完璧とはいえないまでも、毎日のケアの積み重ねをつづけることで、肌を健康に保つことが可能です。
高いコスメを取り入れるより、朝晩の基本的なスキンケア、質の良い睡眠を取る、日焼け止めなどの紫外線対策をすることが、白く美しい肌を保つ秘訣です。

この年代で手を抜いていると、40代になってドカンとシミが出てきてしまう結果になってしまいます。
目に見えないシミの予備軍が、肌の奥に眠っていることを忘れないようにしましょう。

ただ、もう一つ注意してほしいのが「ストレス」です。
ストレスが身体に影響をおよぼすのは有名ですが、お肌にもそれはあらわれます。

30代は出産や育児や人間関係で悩みの多い年代です。
自分もそうでした。
ママ友や親族とのつきあい方、育児に対する不安、夫婦のあり方など、とにかく心がざわつくことばかり。

それらは目に見えないストレスという形でたまっていきます。
感情的なストレス、身体的なストレス、様々なケースがありますが、それらは自律神経に作用し、眠れない・食欲が出ないといった生活面にダメージを与えます。
同時に免疫力を下げ、血行が悪くなるなど、新陳代謝を大幅に悪くしてしまう恐れも。
ストレスのせいでニキビができる人、肌がくすんでしまう人、抜け毛が増える人、現れる症状は人それぞれですが、ストレスのもたらす影響は明らかによくありません。
そしてストレスに向き合わず放っておくと、心のバランスまで崩れてしまいます。
美肌のため、心の平穏のため、ストレスをため込まないようにしてくださいね。

PublicDomainPictures / Pixabay

また、妊娠機に、思わぬシミやそばかす、肝斑が出てしまう人がいます。
これらはホルモンバランスの乱れからくるもので、プロゲステロンが増えるためです。
プロゲステロンは胎児に良い影響を与える反面、メラニンを増やしてしまうのでシミやそばかすを濃くしてしまうことも。
産後はじょじょに落ち着いてきますが、妊娠期と産後は通常よりも念入りに美白対策をしておきましょう。