e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

アルブチンとは

厚生労働省が認めた「美白成分」のひとつが「アルブチン」と呼ばれる成分です。ハイドロキノン、ビタミンC誘導体と並んで、美白効果の高い成分として、多くの化粧品に取り入れられています。コケモモ、梨、ウワウルシなどの植物に含まれている物質です。

「ハイドロキノン誘導体」とも呼ばれていますが、ハイドロキノンとは別の成分と考えてください。
ハイドロキノンにブドウ糖を結合したものがアルブチンとなります。

ハイドロキノンより美白効果は低いものの、肌への負担は穏やかで、吸収性に優れています。ハイドロキノンで強い刺激を感じるという人には、アルブチンを取り入れてみるといいでしょう(ただし濃度の高いものは刺激を感じることがあります)

アルブチンの効果

アルブチンには、メラニン色素が合成され、シミやソバカスができるのを阻止する働きを持っています。

詳しく説明すると、肌上に紫外線を浴びたとき、メラノサイト(メラニンを生成する場所)でチロシナーゼという活性酵素が働き出し、すぐにメラニンに変換されます。このメラニンが過剰に作られ、排出しきれず長らく肌に残ってしまうことで、シミとなるのです。

チロシナーゼの働きを抑え、メラニンが過剰に作られないようにしてくれるのがアルブチンです。働きとしては、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などと同じです。

ハイドロキノンのように、できてしまったメラニンを除去する効果はありませんが、シミ予防を目的とする美白成分として、ビタミンC誘導体と並んで高い効果を期待できます。
また、ビタミンCを含む成分と同時に使うことで、美白効果やアンチエイジングの効果を高めてくれます。

アルブチンの種類

kokemomo出典: Arktiset aromit – リンゴンベリー(コケモモ)

アルブチンには、コケモモや梨から抽出されたα-アルブチンと、ウワウルシから作られたβ-アルブチンとがあります。

歴史の長いβ-アルブチンより、α-アルブチンのほうが10倍ほど高い効果を保持していることが研究によって明らかとなっており、現在さまざまな美白化粧品に配合されています。