025

「L-システイン」がどういうものか分からなくても、名前を聞いたことがあるという人は多いと思います。
L-システインは、髪・爪・皮膚などを作る元となるアミノ酸の一種です。

もともと健康維持や二日酔いの改善などにも効果があるのは知られていましたが、近年美白にも大きな効果を発揮することで注目されるようになりました。

L-システインには素晴らしい美容効果があります

美白成分というと、外から与える(化粧品など)ものが多い中、このL-システインは体の内側から美白をうながす成分といえます。
ビタミンCと一緒に摂ることで、女性に嬉しい美容効果が発揮されます。

L-システインの美容効果

  • メラニンの生成を抑える
  • 有色メラニンを無色化する
  • 過剰なメラニンの排出する
  • コラーゲンを生成を助ける(肌のハリを生み出す)
  • 角質を柔らかくする(ニキビを予防)
  • ターンオーバー(肌代謝)を助ける
  • 抗酸化作用(老化防止)
  • 抜け毛防止

ざっと紹介しただけでも、これだけの美容効果があげられます。当サイトでテーマとしている「美白・アンチエイジング」のすべてを網羅していますよね!
積極的に取り入れたい成分といえますね。

L-システインの摂取方法

残念ながら、L-システインは食品にはほとんど含まれていないため、日常の食事から摂取するのはむずかしいといわれています。

ですが、「メチオニン」という必須アミノ酸を摂取することによって、体内でL-システインが作られます。メチオニンは肉類、青魚、乳製品、大豆食品などに含まれています。
取り入れやすい食品でいうと、豚肉の赤身・鶏肉・しゃけ・マグロ・カツオ・牛乳・豆腐・納豆・赤唐辛子などがあります。

同時にビタミンCを摂ることもお忘れなく。

一番手軽な方法として、サプリメントでの摂取が代表的です。
有名な商品でいうと、「ハイチオール」がありますね。美白に効くハイチオールC、ニキビに効くハイチオールBなどがあります。
これならビタミンも配合されているので手軽ですね。
ダイエット時に肌あれや抜け毛があらわれる人にも摂取することをおすすめします。

美容以外の効能

L-システインは抗酸化作用と解毒作用を持つため、健康を保ち病気から守ってくれる効果もあります。

  • 二日酔いの改善(アルコールの排出)
  • 皮膚や髪、爪を丈夫に保つ
  • 倦怠感やだるさを改善する(代謝を助ける)

サプリメントでL-システインを摂取する際の注意点

L-システイン(メチオニン含む)の摂取量は通常1日あたり1000mgが限度といわれています。
過剰に摂り過ぎると、疲労感や吐き気などの副作用が出ることがありますので、規定の量を守って摂取するよう心がけてください。

また、美白と美容の効果を期待するのなら、サプリメントの服用は1ヶ月以上は様子を見てください。肌のターンオーバーが、40代の方なら45日ほど、50代なら55日ほどなので、一度古い角質を排出したあとの肌状態を観察するのが理想です。