e557f527f5f27556a4f3b7ffdc12c1fc_s

お出かけ時の紫外線対策には、日傘が鉄板です。

ですが、日傘なら何でもいいわけではありません。
デザインも機能もさまざまなので、しっかりと日焼け対策できる日傘を購入したいところ。

では、どんな日傘を選べばいいのでしょう?

結論からいいます。

これがベスト・オブ・日傘!!!

ベスト日傘

  • UVカット素材を使用しているもの
  • 遮光率99%以上
  • 内側は黒、または濃い色
  • 生地は厚め

以上が選ぶべき日傘のポイントです。

「あれ?表面の色は何でもいいの?」とお思いになるでしょうが、後ほどご説明しますね。
まずはタグをチェックしましょう。素材に対しての情報を確かめます。

UVカット生地

UVカット生地とは、素材に紫外線カット加工を施してあるです。日傘と名前が付いている以上、ほとんどこの加工がされているはずですが、日よけのためだけの日傘も存在するので、一応確認しましょう。

加工がされていれば、色は白でも黒でも問題ありません。

一時期メディアで、「日傘はがいちばん紫外線を通さない」と話題になり一般に広がりましたが、実はUVカット加工された日傘なら何色でも結果は同じなんです。
なので明るい色や模様など、好きなデザインを選んでも大丈夫なんですよ。

「日傘っぽいデザイン」だからといって、普通の雨傘を選ばないように注意してくださいね。フリルの付いた折りたたみ傘などは結構まちがえやすかったりします。
ちなみに、ただの雨傘でも紫外線をまったくカット出来ないわけではなく、実は90%ぐらいはカットしてくれます。もし出先で雨傘しかないときの一時しのぎにはなりますね。その場合は、濃い色の傘のほうがベターです。

遮光率99%以上

5bbc513c0e6ccf504e32c95c254bef61_s

UVカット生地が大前提として、次に見るのは遮光率です。
ただ「UVカット」としか書いていないものはこの遮光率が低い心配があるのでオススメできません。100均や低価格のものに多いです。

「遮光率99%以上」「遮光率99.99%以上」「遮光率100%」「完全遮断」などの表記があると思います。おすすめはやっぱり、遮光率100%(完全遮断)です。
太陽光に紫外線が含まれているので、これが100%遮断できるということは紫外線をいっさい浴びないということですからね。

ただ個人的には率99.99%も100%もそんなに差はないとは思いますが。(動いてしまえばどうしても多少日に当たりますし..)
完璧を目指す人には、遮光率100%(完全遮断)がいいでしょう。

傘の内側は黒

内側が黒、または黒に近い濃い色を選ぶ理由は「地面からの照り返し」の対策です。
たとえ上からの紫外線を100%防いでも、地面で反射した紫外線が襲ってくるのです!

この時、内側が白いとパラボラアンテナの要領で、紫外線が集められてしまうそう。黒なら照り返しがなくなるというわけではありませんが、かなり量をおさえられます。

日傘のデザインは、外側は自由、内側は黒か濃い色がベストということになりますね。

ちなみに照り返しについての気象庁のデータはこちら。

照り返し

出典: 気象庁|紫外線の性質

スキー場での照り返しが恐ろしい数値です・・・・。
やはり地表が白ければ白いほど、反射が強いということが分かりますね。レジャーには日傘&日焼け止めクリームで徹底した紫外線対策が必須ですよ!

生地はできれば厚めがいい

UVカットの効果は永久的に続くものではありません。
よく持って3年、手入れがされていなかったり、摩耗が激しいと2年足らずといわれています。また晴雨兼用傘になると、さらにコーティングの効果が落ちやすくなります。

生地は薄いより厚いほうがよりしっかりと紫外線をカットできますし、経年劣化によるコーティングも長持ちします。

日傘の選び方まとめ

3173b807af7ac2b36f9a6911aac05116_s日傘は夏のもの、というイメージが強いですが、昨今は真冬でも紫外線照射量が高くなってきていますので、一年中愛用するほうが安心です。

以上のポイントをおさえておけば、好きなデザイン・ブランドの日傘を自由に選んでもいいので、おしゃれの幅も広がりますね。最近はかなり軽量化されているものも多いので、カバンに忍ばせておける折りたたみ日傘が便利です。

ドンピシャな日傘を発見しましたので、よかったらご覧ください。

ぜひ、お気に入りの1本を見つけてくださいね。
わたしもそろそろ新調したいと思っています♪