43歳、主婦。子供ふたり。

ある日の、ふとした主人の言葉。

「おまえ、シミ増えたな~」

慌てて鏡を見る。た、確かに・・・・・

恥ずかしながらこの20年近く、仕事に子育てに忙しい毎日を送る中で、自分の素肌の状態をまじまじと観察することなんてありませんでした。
というか、余裕がなかった。
さらに言うと、シミが目立つようになるなんて想像してなかった・・・・

愚か!

主人曰く、「この1~2年の間に、目立つようになってきたよね」

なんですってーーー!もっと早く言ってよ!

日焼けの原因はメラニンの蓄積。それぐらいのことは無知なわたしでも知っています。
ここで、自分とメラニン(日焼け)について振り返ってみました。

なぜわたしにシミができてしまったのか

こども時代の無防備な日焼け

小・中学校では運動部所属で真っ黒に日焼け。
当時は「日焼け止めクリーム」を塗るなんて発想はなく、毎日毎日無防備に焼けまくっていました。
それが普通。まわりもみんなそう(たぶん)

高校時代。
部活はしなかったけれど、このころ故・飯島愛さんに代表されるように、「日焼けブーム」到来。
わたしもその波に乗り、休みのたびに海やプールで一日中全身日焼け。焼きまくり。
(一応オイルは塗っていました)
それは卒業後も続き・・・

ろくなケアをしてこなかった20代

二十歳をこえた頃、日焼けブームが沈静化。わたしもようやく我に返り、わざわざ黒くするという愚行をストップ。
このあたりからようやく日焼け止め対策をはじめる。
といっても、夏には下地に日焼け止め効果のあるものを使うぐらい。
まだシミの芽たちは奥深くに潜んでいる段階。

ろくなケアをしてこなかった30代

ここに来てもまるでシミ対策をしていないわたし。
日傘、アームカバー、帽子などの日除けアイテムも持っていませんでした。
思えば周囲はちゃんと利用していたような。
想像力の欠如も甚だしいと、今さらながら後悔しております・・・

そういえばこの頃、うすーいシミらしき影が口元にできた覚えがあるけど、ファンデーションで隠れてしまうので特に気に留めず。

以下、今に至る

 

こんな感じです。

この黒歴史こそがまさにシミの原因!!

そう認めざるを得ませんね・・・

だって、誰も注意してくれなかったから・・・・
なんていまさら嘆いても仕方ありません。
知識はあったはずなのに、手間を惜しんだ自分が悪いのです。

正直、今までずっとスキンケアにはあまり力を入れてきませんでした。
基礎化粧品はだいたいドラッグで、適当に安価なものを買ってきました。
メイク用品はコーセーや資生堂で買うので、そのついでに化粧水なんかを買うことはありましたが(買わされたというか・・・)
特にいままで、これといった肌トラブルがなかったからかもしれません。
ただ最近ちょっとだけ敏感肌よりだと感じることがあります。

決めました。

今後、持てるエネルギーのすべてを注いで美肌をとりもどす、と。(もともとそんなに美肌でもなかったけど)

その気になったら徹底的に調べて実行しないと気がすまない性格のわたし。
記録としてこのブログに記していきます。
さて、何からしたらいいのかな?

これから、シミとの戦いの幕開けです。がんばる!