先回のシミができる原因「紫外線」についてでもご説明したように、「紫外線」は上手に付き合っていかないと肌にダメージを与えるどころか、白内障や角膜炎、皮膚がんなどを引き起こす注意すべき存在です。
UVカット加工がされた日傘や帽子・サングラスを利用するほかに、誰もが一番に思いつく対策といえば「日焼け止め」の利用。今や、小さなお子さんまでもが夏場利用している必須アイテムとなっていますね。
ですが、簡単に利用できるからといってむやみやたらと使っても、効果が薄かったり思わぬ肌あれを起こすこともあるんです。
日焼け止めアイテムは、正しく選び、正しく利用してはじめて効果が出るもの。ぜひ一度、お持ちのアイテムと使い方をチェックしてみてください。

日焼け止めアイテムの表示の見方

アリー

これはわたしが以前購入した「kanebo アリィーエクストラUVプロテクター」です。
日焼け止めローション SPF50+・PA+++ という表示があります。

SPFとは

紫外線B波(UVB)の防御効果の意味。
数値が大きくなるほど効果は高まります。表示は2~50までの数字になりますが、50以上の効果をもつものは「50+」とされます。

UVBを大量に浴びると、肌が赤くヒリヒリと赤くなります。俗にいう「日焼け」ですね。サンバーンとも呼ばれています。
SPFはこの日焼けを起こす時間を遅らせる効果があります。「SPF20」という表記であれば、「日焼け止めを塗っていないときに比べて紫外線量を約1/20におさえる効果がある」という事。
たとえば、20分で赤く日焼けし始める人なら、20×20=400で、400分間は日焼けを防げるという計算になります。

PAとは

紫外線A波(UVA)の防御効果の意味。
こちらは4段階で防御効果が表示されます。
PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 効果が極めて高い

UVA波の影響は、表面的な変化がすぐに起きにくく、また熱さやまぶしさも感じないため受けたダメージに気づきにくいものです。ですが肌内部ではじわじわと蓄積されつづけ、臨界点に達すると突然シミや炎症を発生させたりシワを作る原因になる厄介な紫外線。とかくSPF値に目が行きがちですが、こちらもきちんと確認することが重要です。

シーンによって日焼け止めを使い分けることが大事

出典:日本化粧品工業連合会
出典:日本化粧品工業連合会

日焼け止めは生活シーンに合わせて使い分けることをおすすめします。
以下で説明しますが、マリンスポーツなら『紫外線防止効果の高いもの/ウォータープルーフ仕様』、敏感肌の人が散歩に出かけるなら『SPF20・PA++/紫外線吸収剤フリー』のものを選ぶなど、それぞれの目的と肌質などをかけ合わせて最適なものを選ぶことが大切です。
面倒だからといって、「SPF50・PA++++」だけを使い続けることは肌に負担がかかる場合があります。

日焼け止め化粧品の成分

日焼け止め5

日焼け止め化粧品の成分には大きく分けて2種類あります。
この成分を使用しているかどうかで、使い心地や肌への影響が大きく異なるので、SPF値と同様にしっかり確認して選ぶことが重要になります。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収する化学物質。肌の上で化学反応を起こすため負担がかかりやすい。刺激を感じたり肌あれの原因になることも。

最近流行りの、スプレー・ローション・ジェルなどに使われている成分で、白浮きしにくい特徴がある。使用するなら顔よりも体が安心です。

紫外線錯乱剤

紫外線を肌の上で反射させ、肌内部へ入らないようにブロックする成分。「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」という表示がある。

主にクリームや乳液タイプのものに多い。肌にはやさしいけれど、白浮きしやすいというデメリットがあります。また金属粉を含むために乾燥しやすくなります。

パウダリーファンデーションにはこれと同様の効果があり、とくにUV効果をうたっていない商品でも紫外線錯効果を期待できるので、敏感肌で日焼け止め化粧品を使いたくない人にはパウダーを日焼け止め代わりに利用しましょう。また日焼け止めとのダブル使いならさらに念入りに対策できます。

その他の日焼け止め化粧品の種類

ウォータープルーフタイプ

水や汗に強く、落ちにくいという特徴があります。スポーツやマリンスポーツではこのタイプが人気ですね。
ですが肌に負担がかかったり、普通の石鹸ではしっかりと洗い落とすことができずクレンジングが必要になるものもあります。
またつけっぱなしでは次第に効果が薄れていきますので、こまめに塗り直しをするよう心がけましょう。

下地効果タイプ

化粧下地の機能も兼ねた日焼け止め。安価なものより化粧品メーカーが取り扱っている、やや値が張るものの方がスキンケア成分が豊富に入っていて美肌効果も高いのでおすすめです。

日焼け止めを塗る時の注意点

じつはここが一番重要です!

1.使用量をケチってはいけない

上記で日焼け止めの効果を説明しましたが、これらの効果は正しい使用量を守った場合です。塗り方を間違えると、効果の半分も得られないという結果になってしまいます。
じつは、ほとんどの人が日焼け止めを正しく使っていないといわれているのです。
SPF値は皮膚1c㎡につき、2mgの日焼け止めを塗ったときに得られる効果であり、顔全体でいうと500円玉ぐらいの量を使用しなければいけない計算に(乳液タイプ)。

500円玉

これを読まれている人は、そんなに使っていますか?わたしはたぶん100円玉ぐらいでした。最近の日焼け止めは伸びもいいのでさらに少ない量で顔全体をカバーできます。ですが、だからといってそれでは効果が半減してしまうのです。

それだけの量を使おうと思うと、かなり肌がベタついたり白浮きしたりしてしまいます。
もし規定量が塗れないのであれば、こまめに塗りなおしたり、パウダリーファンデーションの重ね付けをしたりする工夫が必要です。

2.日焼け止めの塗り忘れに気をつけて

顔に塗る場合、まず全体にまんべんなく、あとに頬や鼻に重ねづけします。この時、薄く伸ばし過ぎに注意です。完璧を目指すなら、首筋や耳の後ろも忘れずに。鎖骨の部分も焼けやすいので気をつけましょう。
紫外線の多い春・夏は、足の甲、手の甲にもケアが必要です。いつの間にかサンダル焼けしていた!なんてことも多いですよね。特に手は手洗いなどで落ちやすく、光老化による年齢が出やすいのでマメな塗り直しが必要です。

肌タイプによる日焼け止めの選び方

日本人の肌が日焼けし始めるのは平均25分後からといわれますが、これには個人差があります。
色白の人や敏感肌の人は10分~20分で肌が赤くなり始めたりしますが、逆に色黒の人だと紫外線を吸収しにくいため30分後だったりします。

普通肌の人

自分がそうなのですが、日焼けをしても特に赤くならず、トラブルも起きずにすんでしまう人。時間がたてば日焼けもおさまり、通常の肌色に戻る人も注意が必要です。なぜなら、見えないUVAの存在に気付かずに、紫外線ケアがおろそかになる傾向が強いです。
いつの日かそれらのダメージがガンコなシミとなって現れ、手遅れとなることに。やはり日々の心がけやこまめなUV対策は誰にも必要ということですね。
日焼け止めによる肌トラブルがないのであれば、自分が使いやすいもの、使用感が気に入ったものを選べばよいでしょう。

敏感肌・乾燥肌の人

日焼け止め1やはり気をつけたいのは敏感肌や乾燥肌、肌トラブルをお持ちの人です。
日焼けだけではすまず、ニキビ跡が炎症してしまったり、過度な乾燥で急速なダメージを受けてしまいがちです。なるべく「紫外線吸収剤フリー」の日焼け止めを選びましょう。もしそれでも刺激を感じるときは、保湿効果の高い化粧品でしっかりとスキンケアし、パウダリーファンデーションでバリアするだけでも最低限紫外線を防ぐことができるはずです。日傘や帽子なども兼用することも忘れずに。

 

妊娠中の人

日焼け止め2

妊婦さんについて。妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、シミやかんぱんができやすいと言われています。日焼け止めでこれらを防ぐことはできませんが、紫外線はできてしまったこれらのシミを濃くしたり定着させたりと、悪影響を及ぼします。また体調がすぐれない、外出を控えるなどから、スキンケアやメイクがおざなりになりやすいため、シミができるともいわれています。普段よりも念入りなUVケアを心がけましょう。

日焼け止めの販売価格

最近の日焼け止めは、子供に惜しみなく使える4~500円のリーズナブルなものから、化粧品メーカーから販売されている高機能・高価格のものまで多種多様。
日常使うものだから、どれぐらいのコストをかければいいのか迷いますよね。
ある化粧品メーカーの方に聞いたところ、

「若くて健康な肌の方はターンオーバーが盛んにされるため、比較的安価なものでも大丈夫。30歳を過ぎたら肌の新陳代謝が落ちたり保湿機能が弱まることから、できるだけ保湿効果があり美肌成分を配合した高機能のものを選ぶのがおすすめです」

という回答をいただきました。
アトピーやニキビなどの炎症がある方は別ですが、若い人にはシンプルでリーズナブルな日焼け止めを使ってもさほど問題なさそうですね。
俗にいう「お肌の曲がり角」をすぎた人には、少々値ははっても中身の充実した商品を購入するほうが確実のようです。

ちなみに一番初めに画像でのせた「kanebo アリィーエクストラUVプロテクター」(生産終了)ですが、60mlで本体価格 2800円です。現在の同等商品にはヒアルロン酸・水溶性コラーゲン・ローヤルゼリーエキス・ハトムギ種子エキスなどが配合され、高機能でありながらクレンジング無しで落とせるウォータープルーフ仕様。高価格帯の部類に入りますが、アラフォーのわたしにはピッタリの日焼け止めだったようです。
<参考にどうぞ↓>
カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター パーフェクトアルファS

日焼け止めの選び方 まとめ

日焼け止めの種類は、今や季節に関係なく豊富にあります。その中から最適なものを選ぶ必要があります。
ポイントは3つです。

point1目的で選ぶ 場所、滞在時間、行動、季節など
ウィンタースポーツならSPF値が高いものを、
海ならウォータープルーフを選びましょう。
日常生活にはパウダリーファンデーションの重ねづけが効果的。
point2
肌タイプで選ぶ
普通肌、敏感肌、乾燥肌など
敏感肌には紫外線吸収剤フリーがおすすめ。
高保湿なものならなお安心。
point3
価格で選ぶ
機能がシンプルでリーズナブル、高機能な高価格商品
子どもや若い人で健康な肌なら比較的安価でシンプルな日焼け止めで十分。
大人はプラスαの美肌成分入りがオススメ。やや高額になります。

紫外線のダメージから身を守るには、自分にあった日焼け止めを選ぶことと、日傘や帽子などで物理的に紫外線を遮断することがとても大事です。
メイクも日焼け止めも塗らずに、ゴミを出しに行く・洗濯物を干すなどの日々のちょっとした時間が積み重なって、のちに目立つシミとなって現れたりします。短時間だから、面倒だからと、あなどることななくケアと予防に努めることが美肌を保つ秘訣です。日焼け止め2