b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s

シミに抜群の効果が期待できる、ハイドロキノンとは?

美白成分の中で、効果がもっとも高いと言われているのが「ハイドロキノン」です。
美白成分は数あれど、代表的な「アルブチン」や「ビタミンC」の10~100倍の美白効果があるといわれています。
しかもハイドロキノンには、メラニン色素の活動をおさえるだけでなく、メラノサイトそのものに働きかける力があります。

わかりやすく言うと、シミ予防だけではなく、今あるシミも薄くできるということ。

これが「肌の漂白剤」といわれる理由ですね。

わたしははじめ、「これって何かスゴイ化学物質?」と不安になったのですが、そうではありませんでした。

ハイドロキノンはもともと、イチゴ類・麦芽・コーヒー・紅茶などに含まれる天然成分です。
「還元作用」があり、古くから写真の現像、ゴムの酸化防止などに使われていました。

そんな中、写真技師さんの肌が白く美しいことから、美白に効果があるという発見につながったそうです。

日本でのハイドロキノンの歴史は浅い

アメリカではポピュラーな美白成分として古くから愛用されていましたが、日本で広く使用が認められたのは2001年の薬事法の規制緩和から。認知度が低いのはこのせいです。
それまでは医師の指導のもとでしか使用が認められていませんでした。

規制緩和前は、ハイドロキノンをまねた美白成分がいくつも開発されています。
アルブチンもそのひとつで、「ハイドロキノン誘導体」ともいわれています。

それだけ、業界が待ち焦がれた魅力を持っている成分ということですね。

ハイドロキノンの副作用

そんなにも素晴らしい成分なら、なぜすべての美白化粧品に使用されていないのでしょうか。

それは、ハイドロキノンの強い効力のせいです。
効果が高いということは、やはりそれだけ肌への負担が大きいということ。

ビタミンCやアルブチンに比べ、副作用や刺激を感じやすいという傾向があります。
そのため、ハイドロキノン配合の化粧品や薬を利用する際は、必ずパッチテストを行うことをおすすめします。

また、ハイドロキノン選ぶ際の注目点は「濃度」です。

販売されているのは、ハイドロキノン1%~5%のもので、濃度が高ければもちろん効果が高くなりますが、副作用として赤みが出たり、ピリピリとした刺激を感じることあります。

肌の弱い人や、長く使用をする人には、1~3%の濃度のものを選ぶほうが賢明です。副作用で肌にトラブルが出て完治しない場合は、使用を中止して、皮膚科での受診をしましょう。

どんなシミに効果があるのか

  • 肝斑(かんぱん)
  • 日光黒子(老人性色素斑)
  • 炎症後色素沈着
  • 雀卵斑(そばかす)

ハイドロキノンは表面のシミにのみ(表皮の浅いシミ)にしか効かず、真皮まで達成したもの(太田母斑)などには効果がありません。

肝斑やソバカスのように、ホルモンの乱れや遺伝など、シミの原因がはっきりしない場合は効果が期待できないこともあります。ですが、「シミが薄くなった」「一時的に消えた」などの声も実際にあり、完全に消すことは難しくても、試す価値はありそうですね。

使用の際の注意点

ハイドロキノンは紫外線を受けると、逆にシミを濃くしてしまいます。
朝に使う場合、必ず日焼け止め対策をしましょう(SPF20以上がおすすめ)

ハイドロキノンには酸化しやすい性質があります。保管は冷暗所がおすすめです(取り扱い説明書を参考にしてください)

肌に以上が見られたら、すぐに使用を中止してください。

シミ取り

副作用をおさえるために、各社が技術開発をしています。
肌の奥に届かせる技術も進み、低い濃度でもシミ除去が期待できるコスメも増えています。

進化したハイドロキノン配合の化粧品はこちら↓