サフラワー

美容有効成分リノール酸とは?

「リノール酸」きっと多くの人がこの名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
そう、普段わたしたちが口にしている植物油ですね。

これを美容成分として開発・改良を行ったのがサンスターです。

「リノール酸S」という名称で、2001年に厚生労働省に認可された安全性の高い美容有効成分です。

チロシナーゼの量を減らす

リノール酸Sはシミ予防効果にすぐれた成分です。

シミを予防するにはメラニンを作らせないというのがお約束ですね。
このメラニンができる工程に、「チロシン」と「チロシナーゼ」という酵素の結合があります。このふたつが結びつくことですぐにメラニン色素へと変化するのです。

多くの美白成分がこの結合を抑制することでメラニンを作らせないように働くのに対し、リノール酸Sは、チロシナーゼ自体の量を減らす働きをします。

チロシナーゼが少なければそれだけメラニンの量も減るということですね。
これがリノール酸Sの美白の仕組みです。

ただこれはすでに色素が定着しているシミにはほとんど影響を及ぼしません。
あくまでもシミ対策としての利用となります。

リノール酸Sの美肌効果

リノール酸Sには美白効果のほかにも保湿効果、肌代謝の促進、抗炎症作用があるとされています。