自分のシミの種類とシミの種類別の対処法を、とりあえずは把握しました。

いろんなシミ取りの方法がありますが、手始めに化粧品を見つけることにします!

あらためて探してみると、本当に「シミ」対策の化粧品ってたくさんあるんですね~。
目移りするというか、何を選べばいいのか分からない!

きっとわたしのような人はたくさんいるはず(こんな不精者なかなかいないか?)
まぁいると信じて、同じような悩みを抱える方にも役立つような情報を発信できたらいいなと思います。

ということで、さっそくシミ取り化粧品を発掘しに行きます!

シミ取り化粧品はネット販売が最強?

手始めにまず、インターネットで探してみました。
(ネット通販大好き人間なので^^;)

「シミ取り」「化粧品」で検索すると、出るわ出るわ。

数日かけて、よさそうな商品をいくつかピックアップしてみました。

  • アンプルール ラグジュアリーホワイト
  • FUJIFILM アスタリフトホワイト
  • サエル ホワイトニング
  • ビーグレン QuSomeホワイト
  • ポーラ ホワイトショット

この辺りがとても評判がいいようです。
どれもトライアルセットがあるのが、気軽に試せていいですね(ホワイトショットはありません)

さっそくいくつか注文してみました!
届くのが楽しみです~。

届いたら、初めての「商品レビュー」をしてみようと思います。

わたしが店舗で化粧品を買いたくない理由

わたしも、メイクに使うコスメは、実際の色みを試したいのでお店に出向いて購入しています。
あとさっと買えるプチプラの基礎化粧品などもそうですね。

ですが昔、一時的にできたひどい肌荒れで真剣に肌の悩みを抱えた時、思い切って某大手化粧品メーカーの美容部員さんに相談したことがあるんです。

その時の美容部員さんの対応が、なんというか、しんどいものでした。。。

肌診断をしてくれるまではいいのですが、その後、「この化粧水を使いなさい」「そんな安いものを使っていたら、3年後には肌が死んでしまう!」「いまさら遅いけど、今からこれを使えばなんとかなる」など、やたら上から物を言われて、脅しをかけてくるんです。

さんざん言われた挙句、すすめられるままに合計3万円ほどの基礎化粧品をセットで購入しました。
「試供品ください」ってぼそっと言ったのですが、聞いてもらえませんでした。涙。

「NO!」と言えないわたしが悪いのは十分わかっているのですが、あの畳み掛けるような営業トークに反論できるパワーを、わたしは持ちあわせていません。撃沈。

肝心の商品は、なんと肌に合わず。赤みと痒みが出てしまい、すぐに使用をやめました。またまた撃沈。
それらは母にあげたのですが、「可もなく不可もなく」という感想をもらいました。

もちろん、あの美容部員さんに文句を言いに行くつもりはなく、泣き寝入り。
3万円、もったいなかったなー!

すべての美容部員さんがこんな人だとは全然思いません。
悩みをじっくり聞いくれ、購入も急がせず、快く試供品をくださる方だってきっとたくさんいらっしゃるでしょう。

でももう、あんな失敗はしたくないのです。
コミュニティ能力が低いんでしょうね。自分にがっかりですが…

あと、どうしても自分のメーカーを押してくるのが納得いかないということもありますね。
あちらは仕事だから当たり前なんでしょうが、基礎化粧品は必ずしもラインで揃える必要はないと、著名な美容研究家の方も言っていました。

そこもきっぱり主張すれば問題ないことですけどね。

あぁ、ネットのある時代に生まれてよかったなぁ。笑