敵と対峙するにはまず敵を知れ!ということで、紫外線についてまとめてみました。

紫外線とは、太陽光線の一種です。
太陽光線には見える光(可視光線)・赤外線・紫外線とあり、一番波長の短い「紫色」の光線であることから「紫外線」と呼ばれています。

紫外線の肌への影響

肌の老化の65%は「紫外線」が原因と言われています。
熱さやまぶしさを感じることなく、一年中降りそそいでいる紫外線。日常どれだけ対策をしていたとしても、完全にシャットアウトできるものではありません。わたしたちは知らず知らずのうちに紫外線のダメージを肌の内部に蓄積させているのです。

紫外線の影響といえば、まずシミ

紫外線と聞くとまず思い浮かぶ影響は「シミ」ではないでしょうか?
紫外線を浴びると、肌の深層部でメラニンが作られはじめます。メラニン自体は決して悪者ではなく、紫外線から肌を守る「傘」のような役割。もしメラニンが作られなければ、肌は紫外線によってヤケド状態になってしまうでしょう。
通常、作られたメラニンは時間とともに深層部から皮膚の一番上にまで達し、やがて排出(剥がれ落ちる)されます。
これを「ターンオーバー」と呼びます。
ですが、加齢で新陳代謝が悪くなりターンオーバーがされにくかったり、紫外線を大量に浴びることでメラニンを作る細胞(メラノサイト)が増えすぎてしまった結果、排出しきれなかったメラニン色素が「シミ」となって肌に沈着してしまうのです。

シミ以外の影響

またシミ以外にもたくさんの悪影響があります。

  • コラーゲンとエラスチンの減少や変性によって肌弾力が失われる⇛シワが発生
  • 水分が蒸発し乾燥することで肌あれをおこし表皮が厚くゴワゴワする
  • 皮脂の酸化によって毛穴が詰まる・ニキビや吹き出物ができる
  • 目に対する影響は結膜炎、白内障など

これらの紫外線による影響を総じて「光老化」とよんでいます。

紫外線について

紫外線は「URUTORAVIORET」=「UV」といわれます。おなじみの略称ですね。
紫外線は肌に届いても熱さを感じるくことはなく、浴びていても実感がありません。

紫外線には2種類あります

紫外線A波(UVA)
紫外線量の9割を占めるのがこのA波です。急激なダメージを与えることはないのですが、肌の奥の真皮にまでゆっくり到達し蓄積されていきます。コラーゲンやエラスチンを破壊・劣化させ、肌弾力を弱めたりシワの原因になっていきます。

紫外線B波(UVB)
太陽から届く量は多くはないけれど、肌に強いダメージを与えます。日焼けで皮膚がめくれたり赤くなったりする原因がこれ(サンバーン)。後に黒くなって色素沈着を起こしたり、シミや炎症などのトラブルを引き起こします。

スキー場UVBは夏に多く降り注ぎ、冬には夏の1/5まで減少します。
ですがUVAは冬でも夏の1/2と、あまり照射量は変わりません。UVBに比べ天候や季節による紫外線量の変化が少ないのが特徴です。
また山などの高地ではより紫外線量が増えます。スキーゲレンデの新雪の地表反射率は80%以上になり、平地の2倍の紫外線の影響があると考えなくてはなりません。念入りな紫外線対策が必須です。

紫外線を防ぐ

紫外線を防ぐには日頃の心がけが何よりも大事です。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘をさす
  • 帽子をかぶる
  • 車中はアームカバーをする
  • サングラスをする

日傘  サングラス

日傘や帽子、衣服などはUV対策をほどこした素材を使っているものが安心です。紫外線遮断率80%以上のものを選ぶようにしましょう。普通の生地では強い紫外線は遮断できません。
ゴルフのキャデイさんは、UVカット加工の衣類をユニフォームの下に数枚着ていますが、それでも日焼けを避けられないといいます。
またサングラスについても同様ですが、普段使いのメガネもできればUVカット機能が付いたものがおすすめです。
車の運転席は知らず知らずのうちにかなりの紫外線を浴びています。ひと夏で右腕と左腕の色が違ってしまったという経験をお持ちの方もいるのでは?アームカバーはかわいいデザインのものがたくさんあるので、ぜひお気に入りをみつけてください。

夏は意識的に日差しを避ける人が多いですが、冬や曇りの日にもUVAは容赦なく降りそそいでいますので気を抜かないように注意しましょう。

「日焼け止めクリーム」については後日くわしく記事にします。

骨を丈夫にするために紫外線を浴びたほうがいい?

紫外線は体内にビタミンD を作り、骨を丈夫にすると言われています。
一般的には紫外線カットをしていない状態で15分~20分日光を浴びるといいとされていますが、個人的にはそこまでするのは紫外線の悪影響のほうがこわいというのが正直な気持ちですね。
最近ではあえて日光にさらされなくても、通常の生活をしていれば十分という検証結果も出ています。骨粗相症にはほどほどの運動とバランスのとれた食事が何より大事ということです。

紫外線 まとめ

ビタミンDを作るという以外は何かと迷惑でしかない紫外線。
生きていくうえではこの紫外線とうまく共存していかなければなりません。

・紫外線をできるだけ遮断する
・入ってきた紫外線の影響を化粧品の成分で阻止する

このふたつが日常できる対策です。
紹介している美白コスメのほとんどが、「紫外線によるダメージを阻止する」成分が含まれています。
また高保湿のものが多いので肌のハリやツヤにも効果的です。

今とくに変化が見られなくても、肌の下ではじわじわと紫外線によるダメージが広がっているかも?それはいつ表面にあらわれてくるか分かりません。日々の予防やケア、心がけを常に意識し、健康な肌を保ちましょう!