Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/tomozoland/more-bihaku.net/public_html/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
肌タイプ別にみる美白になる方法<脂性肌> - わたしの美肌計画

肌別

肌タイプ別にみる美白になる方法<脂性肌>

投稿日:

脂性肌(オイリースキン)とは

皮脂の分泌量が多く、肌がテカテカしていてあぶらっぽい。
水分は十分にあるのでシワはできにくいのですが、大量の皮脂が皮脂線を押し広げるので毛穴が開きやすくなります。
毛穴が開くと、そこに皮脂と角質が混じったものが貯まることがあります。
小鼻や頬の高い部分にできる黒いブツブツが気になっている人も多いでしょう。

それから夏になるとさらに過剰に皮脂が出やすくなるので、脂性ニキビができやすくなります。
油分がファンデーションと混じりあってしまうことで、メイクが崩れやすいというのも悩みの一つでしょう。

原因は遺伝的なもの、食生活、ストレス等です。
脂っこい食事が好きな人は、油分を控え、バランスの取れた食事を心がけるだけで改善されることもあります。

脂性肌の見分け方

脂性肌の特徴です。

  • 顔がテカっていることが多い
  • 毛穴が開いている・詰まりが気になる
  • 化粧が崩れやすい
  • 肌がべたつく
  • ニキビができやすい

乾燥性脂性肌

脂性肌には、もうひとつひとつタイプがあります。
あぶらっぽいのに水分が不足しているという肌状態で、これを乾燥性脂性肌(インナードライスキン)といいます。
一見テカっていてベタつくため、自分はオイリー肌だと思い込んで保湿を怠っているうちに、肌内部の水分が不足してしまう状態です。
怖いのが、角質層の水分が足りなくなると、肌は皮脂を大量に出すことで乾燥を防ごうとするので、余計にあぶらっぽくなるという負のスパイラルにおちいることも。
このタイプは乾燥ニキビができやすくなります。

乾燥性脂性肌の見分け方

乾燥性脂性肌の特徴です。

  • 洗顔後は乾燥気味だが少しするとテカってくる
  • テカりやすい
  • 小じわが多い
  • 毛穴が開きやすい
  • 肌の弾力があまりない
  • ニキビが出来やすい

脂性肌・乾燥性脂性肌のお手入れのポイント

脂性肌・乾燥性脂性肌ともに、油分を控えたケアをすることがポイントです。
べたつくからといって乳液やクリームを省くと、保湿力が低下してしまうので必ず取り入れてください。
化粧水のあとは、さっぱりタイプの乳液等を選びましょう。
日中テカリが気になるときは、あぶらとり紙で抑える解消法がありますが、必要以上にとりすぎると肌が急いで皮脂を分泌しようとするので、ほどほどにしましょう。

乾燥性脂性肌は、皮脂は足りているのですが水分量が不足している状態です。
対処は保湿をしっかりとすること。
セラミド配合の美容液をプラスすることで保湿効果を高めることができます。

皮脂量と水分量のバランスが取れると、メイクの崩れや寄れが少なくなり、肌トラブルも起こりにくくなるはずです。

脂性肌・乾燥性脂性肌におすすめの美白化粧品

皮脂が出やすい人が使うべきスキンケアアイテムは、ビタミンCやビタミンC誘導体を配合したものです。
ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える効果があり、毛穴の詰まりを予防することができます。
またニキビにも有効で、抗炎症作用によるニキビ予防と、ニキビ跡のシミを薄くする美白効果があります。

ビーグレンの美白ラインには「ピュアビタミンC」が配合されているのでこれらの肌タイプにおすすめです。
また美容液に「ハイドロキノン」も入っていますので、色素沈着してしまったニキビ跡や、気になるシミの漂白効果が期待できます。

[cc id=1472]

またインナードライスキンにはサエルも有効です。
美白化粧品の中では抜群に保湿効果が高いので、水分量が不足しがちな肌の潤いをコントロールします。
ビタミンC誘導体配合なので、ニキビのトラブルとシミ対策が同時でできます。

[cc id=1462]

-肌別
-,

Copyright© わたしの美肌計画 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.